マンション

今や日本の住宅事情を支えているマンスリーマンションとは

マンスリーマンションの利便性は図れません

黄色いマンション

マンスリーマンションの良いところはなんといっても都会にあり、すぐ住めて、大概は敷金、礼金なしがほとんどです。レオパレスにイメージは近いですが、マンションのグレードは上です。レオパレスは一棟全てをインスタントに組み立ててオーナー制ですが、マンスリーマンションは分譲マンションの一部をマンスリーとして登録していたりします。
まず、壁の厚さが違います。レオパレスは本当に若い人が多いですが、マンスリーマンションは逆に社会人のサラリーマンが多いです。自ずと環境も良くなります。夜中に友達とうるさく騒ぐ人も稀です。都市部に集中してあるので駅近くで食事もお店には困りません。
ヒットアンドアウェイという感じであちこち住まいを変える必要のある人にはコストパフォーマンス的にも大いに有利です。家具も揃っていて直ぐに住めるからです。普通のワンルームなら家具を買いに行く事から始めなくてはなりません。
そして解約する時には家具を市にお金を払って処分しなければいけません。
マンスリーマンションならこの部分の煩わしさは存在しません。まず直ぐ住んで、仕事も有るのに家具を買いに行くのは1週間は掛かります。ネットで購入も部屋に居なければ宅配業者さんから商品を受け取ることもできません。
マンスリーマンションはこの部分を考えなくて良いところが最大のメリットだと思います。

TOP