マンション

今や日本の住宅事情を支えているマンスリーマンションとは

建て替えの時にマンスリーマンションにお世話になりました

赤いマンション

昨年、念願叶って我が家を建て替えした時の話です。
間取りを色々と考えたり、バリアフリーに対応できるようにしたりと本当にワクワクして楽しい時間を過ごせたのですが、問題は建て替えをしている期間です。我が家が建て替えられているということは、通常の生活をホテルに泊まったりすれば高額の料金を請求されますし、かといって親類の家は遠いですし何よりも夫婦二人とはいえ押しかけるのは躊躇してしまいます。どうしようか本当に困ってしまったのですが、そんな時に紹介されたのがマンスリーマンションでした。
それまで持ち家だったこともあり、そういったマンスリーマンションの知識には本当に疎かったので猛省ですね。敷金も礼金も必要のないマンションなんて、まさしく今の私たちにピッタリです。しかも、偏った地域にしか無いと思っていたら、意外と我が家の近くにも点在していることが判明。早速契約をして、お世話になることにしました。
実際にマンスリーマンションに住んでみて思ったのが、普通に生活する分には全く問題が無いということですね。もっと不便さを感じるのかと思っていたのですが、生活に必要な道具は一通り揃っていましたので全く問題は無かったですね。
もう建て替えをすることは無いと思いますが、もし何かで家を長期間離れなくてはいけなくなった時にはまたお世話になろうと思います。

TOP